フライヤー印刷の特徴【シンプルな内容を告知するのに最適!】

記事一覧

フライヤーを作りたい

紙

フライヤーを制作してもらう業者を決めたら、まず問い合わせをしましょう。デザイン案について話し合うことができます。中には発注をサイト上で済ませられる業者もありますので、制作に時間をかけたくない場合はそちらを選択します。フライヤー印刷業者によって用意しているサポートは多様です。

詳しく見る

理想的なフライヤーとは

男女

コストを抑えてフライヤー印刷がしたい時は、まず材料費を考えることが重要です。サイズを小さくして片面印刷にしたほうが必然的に印刷にかかるコストは抑えられます。また新聞折込みなど用途に合わせてフライヤーの質を考えましょう。費用対効果を重視して制作するフライヤーを決めた方が意味があります。

詳しく見る

手軽に配布できる広告物

インク

印刷もネット経由で発注可

折り込みチラシを作るほどではないが、ちょっとした広告宣伝を行いたいといった場合に便利なツールが、フライヤーです。フライヤーとは、簡単に言えばチラシの小型版です。手に取りやすいので飛ぶ(fly)ように流布したからだとか、飛行機で街の上空から散布したからだとか、語源はさまざまに言われていますが、ともあれ手軽さが大きな特徴です。通常のチラシがA4〜B4版程度を標準とするのに対し、フライヤーはその半分以下のサイズとなるのが一般的です。文庫本の表紙と同じぐらいのものもあります。版面が小さいことから、フライヤーは比較的シンプルな内容を告知するのに適しています。お店が新規にオープンする時、イベントを開催する時など、日付や場所など限られた情報のみを強調したい場合によく使われます。フライヤーは、チラシ印刷業者に依頼すれば作ってもらえます。多くの業者はインターネットのウェブサイトから注文を受け付けており、フライヤー印刷専用のページを設けているところもあります。フライヤー印刷の発注方法は、通常のチラシ印刷の場合と同じです。用紙のサイズや枚数等を指定し、デザインを入稿して制作を依頼します。異なる点があるとすれば、用紙の厚さと文字の大きさです。フライヤーは折りたたまずにそのまま配布するのが一般的なため、フライヤー印刷用紙は通常のチラシ印刷用紙より厚めのものを使用します。また、文字も小さな紙にびっしり並んでいると見づらいため、それなりに大きなフォントを使うのが主流です。フライヤー印刷を発注する際は、サイズの小ささを想定しながら仕上がりについて業者と打ち合わせを行うのが賢明です。

売上アップや集客に

印刷機

フライヤーはライブの案内や、店頭配布や店舗設置で購入促進やリピーター獲得の目的で利用できるのが人気で、デザイン性の高さや上質な紙で美しく仕上げるなどの技術をもつフライヤー印刷業者を探して依頼するのがおすすめです。

詳しく見る

業者を色々比較しましょう

ポップ

フライヤー印刷を初めて業者に依頼する場合は、あらかじめホームページの情報をご覧になって複数の業者を比較すると良いでしょう。そして提案されている様々なプランから自分の希望に一番合った、最適なものを落ち着いて選択すれば良い結果を得られるはずです。

詳しく見る

フライヤー作成方法

印刷機

インターネットが主流になってきた現在では、ネットを利用して手軽にフライヤー印刷が行えます。コストも削減できますし手間も省けます。データを自分で用意すればすぐに印刷依頼することができますし、即日納品可能な業者もあるのですぐにフライヤーが作れます。

詳しく見る