フライヤー印刷の特徴【シンプルな内容を告知するのに最適!】

記事一覧

売上アップや集客に

印刷機

宣伝に人気のフライヤー

フライヤーはライブの案内や曲順や曲目を紹介するパンフレットとして使われるほか、最近では飲食店や販売店、サービス業のお店などでも客寄せや販売促進のために効果が出やすいと活用されています。薄い紙のチラシや大き目の紙にセール品などをめいいっぱい乗せたチラシを、新聞折り込みに入れて集客や来店促進を図る一方、フライヤーは店頭配布やお店に設置して手に取りやすいサイズやお洒落な印象に仕上げて購入意欲を高めたり、リピート客の増大へとつなげる役割を果たしています。そのため、フライヤー印刷においてはデザイン性の良さや、小さなサイズでも消費者やユーザーに印象に残る情報の提供をしたり、手にしたい、持って帰りたいと思えるようなデザインやレイアウトが求められます。美しく印象づけるフライヤー印刷ができるよう、デザイン力が高く、実績豊富な印刷会社を探すのがおすすめです。フライヤー印刷のサンプルや過去の制作事例などを見ながら、イメージに合ったフライヤー印刷をしてもらえる業者か見極めていきましょう。フライヤー印刷にあたっては大量に配るチラシに比べ、やや質感が高く、上質な紙を利用したり、写真がキレイに映えるタイプや、手触りのよい紙やカードのように折れにくく、ずっと保管しておけるような耐久性ある厚紙などが人気があります。チラシに比べて単価が高くなることもあるため、経費を抑えたい場合には格安ながらも技術力の高い業者を探しましょう。