フライヤー印刷の特徴【シンプルな内容を告知するのに最適!】

記事一覧

理想的なフライヤーとは

男女

コストから考える

コストを抑えてフライヤーを作りたい時は、まずフライヤー印刷の何に費用がかかるのかを考えてみましょう。フライヤー印刷では様々なサイズのフライヤーを制作できますが、必然的にサイズが大きく紙の質が上質なほどコストは増します。制作にかかる材料費によってコストは変動するため、サイズ以外でも両面印刷だとインク代が割り増しされるのです。もちろんコストを増やすことでゴージャスなフライヤーが完成しますから、費用対効果を考えた上で支出できる上限を決定すると良いでしょう。特に刷る部数が少なければそれだけコストが下がりますので、フライヤーの質そのものに注目しやすくなります。フライヤーに加工も入れやすくなるでしょう。片面モノクロでA4サイズのフライヤーを作ろうと考えた場合、100部で800円から2,500円ほどの費用がかかると覚えておきましょう。フライヤー印刷をどのような紙にすれば良いのか分からない場合、用途を考えて決定すると良いでしょう。新聞に折り込むフライヤーと街頭で頒布するフライヤーでは適切な厚さが異なります。前者はできるだけ薄めにした方が織り込みやすいですし、後者は受け取りたくなるクオリティを維持するためにも厚めの紙に印刷しましょう。またフライヤー印刷をしてくれる会社の中にはデザインも一括して請け負っている場所があります。読み捨てられるものではなく受け取った人がとっておきたくなるようなフライヤー印刷をする上で、デザインは重要なポイントなのです。